選択されているキーワード

さらに絞り込む: 印刷 青果・植物 ラミネート 菓子・食品 テープ 不織布 シート 有孔 小巻 ロール ラッピング ミシン目 

TOP>商品紹介

カテゴリー: 加工製品例




一般的な溶断の平袋です。表印刷で中身のPRをしています。野菜用の袋には、入れる野菜の種類や量により材質選び等も重要になります。にんじん用袋の場合はOPボードン袋に空気穴を何個かあけるのが一般的です。OPはCPやポリと比べると透明度が高く、中身を綺麗に見せることができます。ボードンを使う事で、野菜の呼吸や冷気などでも中が曇りにくくしています。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  青果・植物 

カテゴリー: 加工製品例




あられなどのお菓子用によく使われているヒートシールOPの袋です。表印刷をし、中身に直接インクがつかないようになっています。OPは通常単体ではヒートシールできないため、OPPにCPPを両面もしくは片面にラミした共押フィルムを使用してヒートシールを可能にしています。シール強度はパートコートよりも高いですが、衝撃に弱く、重量物の包装には向いていません。パートコート袋の場合、パートコートしてある部分でしかシールができませんが、ヒートシール袋はどこでもシーラーで封することができます。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  ラミネート  菓子・食品 

カテゴリー: 加工製品例




柑橘類を入れるのによく使われているタイプになります。重量があるため手持ち部分を折り返して2重にしており、またすきっりと自立させるために舟形の底ガゼット(ガゼットの角をシールして余分をカットするタイプ)になっています。印刷のデザインで、商品のPRをしっかりとできます。ノントレー包材の代表的な商品です。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  青果・植物 

カテゴリー: 加工製品例




OPPに表印刷をした三角の袋です。インク面は表に出ていますので、中身が触れても衛生的に問題がないようになっています。クレープの形に合わせて底が三角の袋状になっており、ベロを前面に付ける事で中身を入れた後、裏側に折り返して封をすることができるようにしています。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  菓子・食品 

カテゴリー: 加工製品例




魚の餌を入れる袋です。中身を一度に使い切らない場合は、チャック袋がとても便利になります。また中身が湿気ないようにしたり、光を遮断したりするために蒸着のラミ素材を使用しています。中身を底部分から入れて、底シールで封をするタイプのチャック袋です。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  ラミネート 

カテゴリー: 加工製品例




一般的なOPPの単体溶断袋です。特に柄は入っていませんが、袋の指定の位置に柄が来るようになりますのでピッチ柄の印刷になり、製袋時に位置を特定するための光電管が必要になります。最近では印刷が入る場合はプラマークをいれることがほとんどになりました。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  テープ 

カテゴリー: 加工別 < 加工製品の種類


 溶断袋


溶断袋
図の説明

OPやCPの単体の加工ではもっとも一般的な平袋です。底が半折になっていて、両サイドを熱で溶かしてくっつけながら切り離します。仕上がりはシンプルで綺麗です。ベタ印刷の場合は、シール部分にインクがのらないように「ドブ」というインクのない部分を作らなければならず、結果ピッチ柄の印刷ものになるので注意が必要です。



加工製品例は下

 ガゼット袋


ガゼット袋
図の説明

フィルムを折り返して、マチを作る事で立体的な内容物のおさまりをよくする袋です。両横にマチのあるサイドガゼットタイプと底にマチのある底ガゼットタイプがあります。サイドガゼットは背ばりタイプで筒状に広がりができる感じになり、底ガゼットは底に広がりができるため、袋が自立できるようになります。更に底ガゼットには袋を広げた時に余分になる角の三角部分の一辺をシールしたり、更にその三角部分を落としてしまう場合もあります(舟底の形になるので舟形と言います)。どれもそれぞれ使い勝手・見た目が異なるため、用途やコストを考慮して選択することが必要になります。



加工製品例は下

 スタンディングバッグ


スタンディングバッグ
図の説明

底が立体的に確保されるタイプで、角の余分になる部分をシールしてしまうことで中の袋部分が宙に浮いているような形に保たれる袋です。特にガスバリアー性・遮光性のあるラミネート基材を使い、化学変化のおきやすい液状のものの包装によく用いられます。


加工製品例は下

 変形袋


変形袋
図の説明

内容物の形に合わせた、三角形・台形・円形など、特殊な形の袋です。内容物の保護、美観の向上を図る事ができます。



加工製品例は下

 三方シール袋


三方袋
図の説明

両サイド・底を幅のあるシールバーでシールした袋です。主にラミネート品の製袋で使用され、特にガスバリアー性を必要とする物を入れる場合に使用します。



加工製品例は下

 合掌(背ばり)袋


合掌袋
図の説明

フィルムの端と端を重ねてシールをしチューブ状にして、そのシール部分が袋の中心にくるようにして倒し、底をシールした袋です。背中で貼り合わせているので「背ばり」と言ったりもします。三方シール袋同様、ラミネート品の製袋でも使用されますが、OPP単体でシールタイプのパートコート袋が多く使用されています。OPPは単体ではヒートシール性がないのですが、溶断袋よりも密閉製の高い袋を作るために接着剤を印刷し、その部分はシールが出来るようにしています。軽量物の包装に向き菓子関係などにもよく使われていますが、ガスバリアー性はないので脱酸素材やガス充填包装はできません。サイドにガゼットを入れる事ができ、高さ(長さ)のあるものにもご利用頂けます。


加工製品例は下

 L字シール袋


L字袋
図の説明

袋の口部分がL字に空いている袋です。溶断が出来る素材の場合は半折し、サイドの片側だけを溶断してL字にします。溶断できない素材は、ラミネートなどをしてL字にシールをします。「シートで包む」のとも「袋に入れてしまう」のとも少し違う、入れやすさ、出しやすさが特長です。食品関係において、手を汚さずに中身を取り出してそのまま食べられる形状で、ハンバーガーやシュークリームなどにもよく使われています。


加工製品例は下

 不織布袋


不織布袋
図の説明

不織布を使った袋です。不織布にも材質がいろいろあるため、熱でつくものとつかないものがありますが、フィルム同様、溶断タイプとシールタイプがあり、素材によっては超音波でシールする場合もあります。平袋以外にも巾着袋や手提げ袋等、様々な加工が可能です。



 フィルム+不織布の異素材袋


フィルム+不織布の異素材袋
フィルム+不織布の異素材袋アップ

3重袋アップ


不織布とフィルムを一緒に使用した袋です。機能性を持たせるために、フィルムのメリットと不織布のメリットがそれぞれ活かされるように特定の用途に向けて企画されます。


 
フィルム+不織布
 :背面に装飾性・柔らかさを重視して不織布、前面は中が見えるように透明のフィルムを使用した袋
● フィルム+不織布+フィルム
 :フィルムである程度の密閉性は保持しながら、商品保護のためにやわらかな不織布を挟んだ袋
不織布+フィルム+不織布
 :不織布袋の高級感などの見た目を重視しながら、中身が袋に直接つかないようにするための
  フィルムを挟み込んだ袋

など様々なものが考えられています。



加工製品例は下

 ヘッダー付き袋


ヘッダー付き袋
図の説明

商品の入った部分と別になるヘッダーの付いた袋です。ヘッダー部分の種類はたくさんあります。透明なままのもの、印刷をしているもの、ヘッダー部分をしっかりさせるための素材(ユポ)を使用しているもの、ひっかけ用の穴が開けてあるもの、その穴が大きいもの(例えばペットボトルの首にひっかける用の穴など)など様々です。


加工製品例は下

 チャック付き袋


チャック付き袋



袋の口に開閉のできるチャックを付けた袋です。中身を一度で使い切らないものを入れる袋にはチャックが付いているととても便利です。チャックの上部が熱シールしてあり、底から中身を入れて封をし、使用時に上部を切って使用するパターンの袋も加工致します。
加工製品例は下

 持ち手小判抜き袋


持ち手小判抜き袋



手持ち用の穴をあけた袋です。持ち歩きが考えられる場合は、穴があると便利です。ただし、中に入れる物の重量により穴にかかる負担を考える必要があります。重量物を入れる時は、素材がOP単体の場合裂けやすくなるのでCPと貼り合わせたり、折り返しを付けて2重にしたりする工夫が必要になります。

加工製品例は下

 穴あけ袋


穴あけ袋




製品になった袋の指定場所に穴をあけることができます。お花や野菜の空気穴や、商品の袋が膨らんでかさ張るのを防ぐための空気抜き穴としてあけます。

 波きり袋


波きり袋





主に花袋などの上口を波形にカットすることができます。

関連キーワード:   印刷  ラミネート  不織布 

カテゴリー: 加工情報


各種フィルム、不織布を溶断・変形・ガゼット・三方シール・L字シール・合掌袋などの
袋にする加工です。

  • ヘッダー・テープ・チャック・ミシン目・有孔・穴あけ・波きり・持ち手小判抜きなど   の加工も承ります。


関連キーワード:  

カテゴリー: 加工別 < 加工製品の種類


 ラミネートシート


ラミネート製品:ラミネートシート



印刷面をサンドしたり、和紙や不織布とフィルムを貼り合わせたシートです。裏表がわかりにくい柄の印刷ものなどはインク面がわかりにくいため、ラミすることでインクが直接食品にあたることを防ぐことができるようになります。また不織布や和紙のラミ品は印刷ものには出せない素材感が魅力の商品です。

加工製品例は下

 ラミネート袋


ラミネート製品:ラミネート袋


ラミネートをした素材を使用して加工した袋です。袋の機能性を高めるためにラミネート素材を使用する事はよくあります。シールできない素材でもシールして袋にできるようにする・シールの強度を高める・袋自体の強度を高める(破袋しにくくする)・ガスバリアー性を高めるなどの様々な目的に合ったラミネート方法・素材を選択する必要があります。

加工製品例は下

関連キーワード: ラミネート  印刷  シート    不織布 

カテゴリー: 加工別 < 加工製品の種類


 有孔小巻ロール


有効小巻ロール




全面に細かい孔をあけたフィルムを使用した小巻ロールです。通気性を必要とするものを包むに最適です。小巻なので、手に持ってその都度使用サイズに合わせてご利用いただけます。

 有孔シート






全面に細かい孔をあけたフィルムを使用したシートです。通気性を必要とするものを包むに最適です。決まったサイズのカットシートで作業効率アップ、ロスの削減ができます。
加工製品例は下

 有孔袋


有孔袋
図の説明

通気性を持たせるために細かい孔をあけたフィルムを使用した袋です。袋の場所に部分的に有孔を入れる事も出来ます。例えば葉もの野菜などは、根の部分は水が付いているので水が漏れないように孔なしにして、葉の部分は蒸れないように孔ありにする袋が使われています。


加工製品例は下


関連キーワード: 有孔  シート  小巻   

カテゴリー: 加工別 < 加工製品の種類


 テープ付きロール


テープ付きロール

 

 

フィルムの両端にテープが付いたロールです。テープ部分の厚みがありますのでロールの片側だけをテープにすることはできません。剥離紙がない分作業効率が上がります。


 テープ付きシート


テープ付きシート


端にテープ加工をしたシートです。セロテープ等で作業をしている場合は、作業性や仕上がりの良さでテープ付きの製品をおすすめ致します。印刷シートへの加工も可能です。いちごやぶどうなどのフルーツの掛け紙によく使用されています。
加工製品例は下

 テープ付き袋


テープ付き袋
図の説明

袋製品ではよく見かけるテープ付き袋です。テープののりの種類もいくつかあります。またテープを付ける位置はベロ側につけるのが一般的ですが、本体側に付ける事も可能です。常に同じ位置で留めたいとき等は本体にテープがあると同じ位置に合わせやすくなります。


加工製品例は下

関連キーワード: テープ  ロール    シート 

カテゴリー: 加工製品例




トマトを入れる底ガゼットの袋です。自立タイプのこの袋は、以前はパックに入っていたプチトマトにもよく使われるようになりました。舟形の底ガゼット(ガゼットの角をシールして余分をカットするタイプ)で見た目もすっきり。バーコード部分の印刷はシロのベタ印刷が必要になります。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  青果・植物 

カテゴリー: 加工製品例




クッキーや洋菓子に使われているOPPのパートコート合掌袋です。パートコート袋は防湿性に優れ、腰があり、単体素材のため透明度も良く価格的にも手ごろな袋です。しかしガスバリア性はないため、脱酸素剤は使用できません。こちらのお菓子の場合は中身が個包装されているので外包装は単体包装で大丈夫です。パートコート袋は強度はあまり強くなく、重量物の包装には向いていません。特に低温になると強度が弱くなりますので注意が必要です。上部口元のパートコートをヒートシーラーで封することができます。紙の台紙と袋をうまく組み合わせる事で、パッケージを使用しないでも中身の空間を保つ事が出来ます。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   菓子・食品 

カテゴリー: 加工製品例




和の雰囲気をだすために印刷ではなく不織布の素材感を大切にし、かつ中身も見えるようにした袋です。この袋の場合は、中身がどらやきなので不織布の繊維が食品に直接触れないように、OPPとラミをしたものを使用しています。中身を入れた後ヒートシールで封をしますが、開封時に手でカットがしにくいため、VやU字の切れ込み(ノッチ)加工をすることで、簡単に切れるようにすることができます。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   ラミネート  不織布  菓子・食品 

カテゴリー: 加工製品例




ラッピング用の前面透明バッグです。背面を色ありにすることで中身が映えます。またフィルムの印刷ではなく、不織布を使用する事で高級感がでます。ラッピングした状態で陳列・販売する場合は中身が見える方がお客様の安心感が増しますし、選択してもらう事も可能になります。こちらのバッグの場合は中身としてフルーツや植物も入れられるように、フィルムにボードンOPPを使用して透明フィルムが曇らないように配慮しました。またボードン素材は普通のOPPよりもシール強度が上がります。両サイドの不織布とのシールは超音波で加工し、チューブ状にしてから底シールする方法で三方シールの袋に加工しています。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   不織布  ラッピング  青果・植物 

カテゴリー: 加工製品例




ラミネート素材を使用したスタンディングチャック袋です。中の空間が保たれやすいので、商品が潰れないようにするにはスタンディングバッグの形がもっとも有効です。一度に中身を使い切らない事を考慮して使用後チャックをして保管できるようになっています。中身はチャックを開けた状態で上から入れてチャックをしめ、上部をシーラーでヒートシールして封をするタイプです。チャックの上にはお客様が封を開けやすいようにノッチが付けられています。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  ラミネート  菓子・食品 

カテゴリー: 加工製品例




鉢植物の保護用袋です。袋の下口は袋状にしておらず、鉢を上口から入れると、ちょうど鉢の上あたりで止まるようになっています。下を袋にしてしまうと植物の呼吸の妨げになったり水が抜けずに貯まってしまうため、一般的に鉢の底部分は外に出るような形状になっています。またフィルムに有孔素材を使用する事で通気性がよくなり、植物が快適に過ごせるようになっています。袋に印刷が入ると植物全体がより華やかな感じになるのでおすすめです(こちらの商品のように有孔と印刷を合わせた加工ができます)。
鉢袋を作る際は、鉢の径(袋の下口サイズ)、植物の高さ・鉢の高さ(袋の高さ)、植物の葉の茂り具合(袋の上口サイズ)の情報が必要になります。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  有孔  青果・植物 

カテゴリー: 加工製品例




おまんじゅうを手を汚さずに食べられるようにしたL字シール袋です。保存は目的とせず、食べやすさを目的としています。手触りや素材感を大切にするため、不織布にラミをした素材を使用。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   印刷  ラミネート  不織布  菓子・食品 

カテゴリー: 加工製品例







有孔タイプの鉢袋です。袋の背面は上口部分にミシン目を入れてカットできるようにしてその上にベロを付けておき、前面は上口ラインに合わせておきます(気持ち下げ気味で)。出来上がった袋を必要枚数分重ねてブロック加工して納品致します。画像のように専用機にセットしていただきますと、袋は固定されて、前面の上口を開ける→鉢植物をすっと入れる→背面のミシン目でカットして切り離す・・・の繰り返しで機械に袋背面のベロだけが残る状態で作業が続けられるので、鉢袋に植物を入れる作業効率がとても上がります。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   有孔  ミシン目  青果・植物 

カテゴリー: 加工製品例




店頭でフック掛けして販売する商品用の袋です。上部にヘッダーが付いていますが、印刷・ユポなし、穴あけのみあるタイプになります。商品は下から入れるようになっており、テープ付きのベロを裏面に折ってテープ留めをして封をします。


加工製品の種類は下

関連キーワード:   テープ 


全 25 件中 1 ~ 20 件目を表示

1 2 次の5件 »