加工製品の種類

使用画像に関して :  弊社加工製品の画像がメインですが、一般のお店で購入した同加工の製品や、自社で作成したサンプル商品等もイメージをお伝えするために使用しておりますのでご了承ください。

1 2 3 4 ...5 » [全23件 1~5件目]

カテゴリー: 加工別 < 加工製品の種類

ロール製品

不織布ロール製品
フィルムロール製品



主に3インチの紙管に巻いたものがロール製品です。
広幅の原紙をご希望の幅にして巻き取りをしたり、巻きM数を調整して製品にします。印刷原紙の場合は仕上がりの耳を落として綺麗に巻き直すことが必要になりますし、次加工のために素材の裏表を巻き変えたりすることもあります。



関連キーワード: ロール  不織布 

カテゴリー: 加工別 < 加工製品の種類

小巻製品

フィルム小巻製品
不織布小巻製品



主に様々な素材や柄物を、お客様の規格品として一般的によく使われる幅・巻数に加工しています。
普段ご利用の小巻の幅で、ロスがでる、使いにくい、幅が足りないなどお困りなことがある場合は、オリジナル幅の製品をご検討いただくのもおすすめです。



関連キーワード: 小巻  不織布 

カテゴリー: 加工別 < 加工製品の種類

断裁製品

 無地フィルムシート


無地フィルムシート



各種フィルムの無地ものをご希望のサイズにカット致します。 一般的な包装形態は決まったものがございますが、お客様の作業性などを考えた合紙・包装枚数などにも対応させて頂いております。

加工製品例は下

 不織布シート


不織布シート



各種不織布をご希望のサイズにカット致します。 デコレーション用に使う事が多いと思いますが、小巻などから切り出す手間を省き、綺麗に仕上げる事が出来ます。

加工製品例は下

 印刷シート


印刷シート:エンドレス柄

エンドレス柄

印刷シート:ピッチ柄

ピッチ柄



各種印刷ものをご希望のサイズにカット致します。 エンドレス柄はもちろん、指定の場所にデザインを入れるピッチ柄のシート加工も承っております。オーセロ規格商品のデザイン印刷もののシートですと、お客様のオリジナル印刷よりも少ロットで対応できます。

加工製品例は下

関連キーワード: シート  印刷  不織布 

カテゴリー: 加工別 < 加工製品の種類

抜き製品

抜き製品



フィルム・不織布の型抜きシートをお作り致します。 特殊な形になりますが、一般的なカットシートと比べるとその作業性・仕上がりは格段によいものになります。

加工製品例は下

関連キーワード: シート  抜き  不織布 

カテゴリー: 加工別 < 加工製品の種類

製袋製品

 溶断袋


溶断袋
図の説明

OPやCPの単体の加工ではもっとも一般的な平袋です。底が半折になっていて、両サイドを熱で溶かしてくっつけながら切り離します。仕上がりはシンプルで綺麗です。ベタ印刷の場合は、シール部分にインクがのらないように「ドブ」というインクのない部分を作らなければならず、結果ピッチ柄の印刷ものになるので注意が必要です。



加工製品例は下

 ガゼット袋


ガゼット袋
図の説明

フィルムを折り返して、マチを作る事で立体的な内容物のおさまりをよくする袋です。両横にマチのあるサイドガゼットタイプと底にマチのある底ガゼットタイプがあります。サイドガゼットは背ばりタイプで筒状に広がりができる感じになり、底ガゼットは底に広がりができるため、袋が自立できるようになります。更に底ガゼットには袋を広げた時に余分になる角の三角部分の一辺をシールしたり、更にその三角部分を落としてしまう場合もあります(舟底の形になるので舟形と言います)。どれもそれぞれ使い勝手・見た目が異なるため、用途やコストを考慮して選択することが必要になります。



加工製品例は下

 スタンディングバッグ


スタンディングバッグ
図の説明

底が立体的に確保されるタイプで、角の余分になる部分をシールしてしまうことで中の袋部分が宙に浮いているような形に保たれる袋です。特にガスバリアー性・遮光性のあるラミネート基材を使い、化学変化のおきやすい液状のものの包装によく用いられます。


加工製品例は下

 変形袋


変形袋
図の説明

内容物の形に合わせた、三角形・台形・円形など、特殊な形の袋です。内容物の保護、美観の向上を図る事ができます。



加工製品例は下

 三方シール袋


三方袋
図の説明

両サイド・底を幅のあるシールバーでシールした袋です。主にラミネート品の製袋で使用され、特にガスバリアー性を必要とする物を入れる場合に使用します。



加工製品例は下

 合掌(背ばり)袋


合掌袋
図の説明

フィルムの端と端を重ねてシールをしチューブ状にして、そのシール部分が袋の中心にくるようにして倒し、底をシールした袋です。背中で貼り合わせているので「背ばり」と言ったりもします。三方シール袋同様、ラミネート品の製袋でも使用されますが、OPP単体でシールタイプのパートコート袋が多く使用されています。OPPは単体ではヒートシール性がないのですが、溶断袋よりも密閉製の高い袋を作るために接着剤を印刷し、その部分はシールが出来るようにしています。軽量物の包装に向き菓子関係などにもよく使われていますが、ガスバリアー性はないので脱酸素材やガス充填包装はできません。サイドにガゼットを入れる事ができ、高さ(長さ)のあるものにもご利用頂けます。


加工製品例は下

 L字シール袋


L字袋
図の説明

袋の口部分がL字に空いている袋です。溶断が出来る素材の場合は半折し、サイドの片側だけを溶断してL字にします。溶断できない素材は、ラミネートなどをしてL字にシールをします。「シートで包む」のとも「袋に入れてしまう」のとも少し違う、入れやすさ、出しやすさが特長です。食品関係において、手を汚さずに中身を取り出してそのまま食べられる形状で、ハンバーガーやシュークリームなどにもよく使われています。


加工製品例は下

 不織布袋


不織布袋
図の説明

不織布を使った袋です。不織布にも材質がいろいろあるため、熱でつくものとつかないものがありますが、フィルム同様、溶断タイプとシールタイプがあり、素材によっては超音波でシールする場合もあります。平袋以外にも巾着袋や手提げ袋等、様々な加工が可能です。



 フィルム+不織布の異素材袋


フィルム+不織布の異素材袋
フィルム+不織布の異素材袋アップ

3重袋アップ


不織布とフィルムを一緒に使用した袋です。機能性を持たせるために、フィルムのメリットと不織布のメリットがそれぞれ活かされるように特定の用途に向けて企画されます。


 
フィルム+不織布
 :背面に装飾性・柔らかさを重視して不織布、前面は中が見えるように透明のフィルムを使用した袋
● フィルム+不織布+フィルム
 :フィルムである程度の密閉性は保持しながら、商品保護のためにやわらかな不織布を挟んだ袋
不織布+フィルム+不織布
 :不織布袋の高級感などの見た目を重視しながら、中身が袋に直接つかないようにするための
  フィルムを挟み込んだ袋

など様々なものが考えられています。



加工製品例は下

 ヘッダー付き袋


ヘッダー付き袋
図の説明

商品の入った部分と別になるヘッダーの付いた袋です。ヘッダー部分の種類はたくさんあります。透明なままのもの、印刷をしているもの、ヘッダー部分をしっかりさせるための素材(ユポ)を使用しているもの、ひっかけ用の穴が開けてあるもの、その穴が大きいもの(例えばペットボトルの首にひっかける用の穴など)など様々です。


加工製品例は下

 チャック付き袋


チャック付き袋



袋の口に開閉のできるチャックを付けた袋です。中身を一度で使い切らないものを入れる袋にはチャックが付いているととても便利です。チャックの上部が熱シールしてあり、底から中身を入れて封をし、使用時に上部を切って使用するパターンの袋も加工致します。
加工製品例は下

 持ち手小判抜き袋


持ち手小判抜き袋



手持ち用の穴をあけた袋です。持ち歩きが考えられる場合は、穴があると便利です。ただし、中に入れる物の重量により穴にかかる負担を考える必要があります。重量物を入れる時は、素材がOP単体の場合裂けやすくなるのでCPと貼り合わせたり、折り返しを付けて2重にしたりする工夫が必要になります。

加工製品例は下

 穴あけ袋


穴あけ袋




製品になった袋の指定場所に穴をあけることができます。お花や野菜の空気穴や、商品の袋が膨らんでかさ張るのを防ぐための空気抜き穴としてあけます。

 波きり袋


波きり袋





主に花袋などの上口を波形にカットすることができます。

関連キーワード:   印刷  ラミネート  不織布 


全 23 件中 1 ~ 5 件目を表示

1 2 3 4 ... 5 次の5件 »